資金調達・幹部育成のご相談ならお任せください!株式会社 ビジネス・デザインOffice

  • HOME
  • 会社概要
  • アクセス
  • サイトマップ

042-730-7886 お問い合せ

  • 成功事例
  • コンサルティング
  • スタッフ紹介
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合わせ

株式会社 ビジネス・デザイン

4.自社の現状を明らかにする


あるべき姿が明らかになったとしても、自社の現状がしっかり把握できていないと、戦略・戦術は描けない。
現状を分析する方法として一般的な手法にSWOT分析がある。これは、まず自社の現状を内部環境と外部環境に区別する。さらに、内部環境を自社の経営資源の強みと弱みに区別する。
a.png
強みとは、なぜ顧客は自社の製品やサービスを購入してくれるのか、その同業他社と比較して優れている点である。
また、弱みとは自社の経営資源の弱点はなんなのかと、致命的な欠点はないのかといった部分である。
さらに、外部環境とは、自社を取り巻く事業機会と脅威に区別する。
事業機会とは、環境変化が自社にとってどんなチャンスにつながっているかの分析で、脅威とは、自社の製品・サービスや存在を脅かすものはどんなことなのかの視点での分析である。



 


お問い合わせはこちらから

ImgTop2_4.jpg

Copyright (C) 株式会社 ビジネス・デザイン All Rights Reserved.