資金調達・幹部育成のご相談ならお任せください!株式会社 ビジネス・デザインOffice

  • HOME
  • 会社概要
  • アクセス
  • サイトマップ

042-730-7886 お問い合せ

  • 成功事例
  • コンサルティング
  • スタッフ紹介
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合わせ

株式会社 ビジネス・デザイン

sikin.png


金融機関からの融資を受けたい・・・でもこのままだと難しい!!
銀行に試算表の提出をしないといけない!誰か手伝ってもらえないか?
経営は黒字なのになかなかお金が残らない、借入金が減っていかない!
返済計画を見直したい!でも、一人で交渉するのはかなり不安・・・
数値計画、事業計画を作成したい!でも、作り方がわからない・・・

 

融資・資金調達をお考えの経営者の方へ

どうしたら融資が通るかお悩みではないですか?
専門家を通して融資を受けるだけで、
融資の金利が最大半分以下になる方法が存在します!


 yushi.png


融資を受けようとお考えの方の多くは、専門家と一緒に進められますが、もしあなたが
自力で何とかしようとお考えなら、今すぐご相談ください!

ビジネス・デザインの融資・資金調達サポートをご利用いただくことで、
以下の2つのメリットを受けられます!


 

1.通常2%以上となる金利を最大1%以下まで下げることが可能!

ビジネス・デザインが所属する税理士法人りんくグループは、“経営革新等支援機関”
という金融庁から認められた中小企業支援のプロフェッショナルです。
経営革新等支援機関だけがご案内できる融資制度、「中小企業経営力強化資金」という
制度を活用することで、通常2%以上となる借入の金利を、最大1%以下まで下げることが
可能
になります!

 
1%と聞くと、それほど大きく感じない方もいらっしゃいますが、実際に支払う金額で
考えると倍の差です。
例えば、1,000万円7年返済の融資の場合でも、実際の返済額では50万円もの差が付くのです。

 
専門家を通して融資を受けるだけで、これだけの差。

依頼しない手はないと思いませんか?


 

2.創業融資のすべてのプロセスをサポート!

金融機関の紹介、事業計画書の作成、申請書、金融機関担当者との面談まで融資の
すべてのプロセスをサポート!

 
ビジネス・デザインでは、自分でやるととても大変な事業計画書の作成を一からサポート!
これまでの多数の実績と、同業他社の事例をご提供しつつ、融資が通りやすくなる
事業計画書の作成をサポートします!
また、どの金融機関に相談するのが一番いいの?というご相談にもお答えして、
金融機関のマッチングもサポートします。
相模原・多摩地域の地方銀行、信用金庫、メガバンクあらゆる金融機関のご紹介が可能です。
 
もちろん、金融機関との面談も同席してサポート
ご希望の方は、弊社オフィスにて金融機関とのお打ち合わせも可能です!


ビジネス・デザインにご依頼いただくだけで、
・融資成功率UP
・借入金利の引き下げ
・金融機関の紹介

と資金調達が楽になる、3つの特典を受けられるのです!


chui.png
 

1.正確な事業計画を初めとした多数の書類を自分で作らなくてはならなくなる

融資を申し込む際は、金融機関へのプレゼンにも使用する、事業計画書を作成しなくては
なりません

その中では、融資資金の使い道はもちろんのこと、商品別の売上構成比、販売先・仕入先、
見込んでいる経費(設備費、運転資金)などを詳細に記載
していく必要があります。

これまできちんと事業計画を整備されている場合は別ですが、
・今後の売上の見込みはどうなっているのか?またその根拠は?
・実際にどの程度の費用が必要なのか?
・同業他社と比較して、自社の状況はいいのか?悪いのか?

といったところは、なかなか情報がない場合もあるため、金融機関を納得させる資料を
自力で作ることは非常に難易度が高い
です。

また、それ以外にも多数の書類が必要となり、融資を受けたいと思っていてもここで
挫折してしまう方もいらっしゃいます。


 

2.事業計画で作成した数字の根拠を論理的に伝えられなくてはならない

苦労して事業計画書を作成し、各種の数字を埋められたとしても、それぞれの数字の根拠は
面談の際に確認されます

そこでは、「大体このぐらい」と言うような感覚での説明は通用せず、他社での実績を
元にしたものや、これまでの実績などの確かな根拠を基にした数字でないと、せっかく
作った資料でも、まともに取り合ってもらえずに、断られてしまうこともあるのです。


 

3.金融機関の面談で、何の後ろ盾もなく孤独に立ち向かわなくてはならない

面談の際には、事業計画の数字の説明だけでなく、これまでの経歴や仕事内容、創業の経緯
などを聞かれながら、経営者としての「人となり」も見られます
ここで、金融機関の評価がマイナスになるようなことを伝えてしまうと、融資額の
減額の原因や融資を断られる原因になってしまうこともある
のです。


 

4.一度融資に失敗してしまうと再チャレンジが難しい

融資の申込に失敗してしまうと、少なくてもすぐに再申込はできません
最低でも半年以上の期間を置く必要があります。
さらに、再度申込したとしても、状況が大きく変わっていない限り希望の条件で借りられる
ことは少ないです。

また、融資失敗の履歴も残ってしまうため、結果的に一度失敗してしまった融資の申込を
成功させるのは非常に難しい
と言えます。




yushiseikou.png


しかも、この数字は成功率の高い、専門家によるサポートも含んだ実績です。
つまり、専門家以外の人が申し込んだ際の成功率はこれより更に低く、20%以下
であるとも言われています。
ちなみに、ビジネス・デザインの融資成功率は驚きの90%以上

融資・資金調達をお考えなら、ぜひ一度ご相談いただきたいと思います。
 

こんな方にオススメのサービスです!

□ 設備投資、運転資金、新事業に投資をしたいが資金の余裕がない
□ 融資を受けたいが、どうやって借りたらいいかがわからない
□ 融資の相談をどこに(誰に)したらいいかわからない


⇒このような融資・資金調達に対するお悩みをお持ちの方は、
  ぜひ融資・資金調達サポートをご利用ください!

※注意!

融資・資金調達サポートは1社1社カスタマイズでサポートさせていただくため、受付を
1ヶ月で3社までとさせていただいております。
あらかじめご了承ください。

 

融資・資金調達サポートの流れ

1.ご相談お申込

融資・資金調達サポートにご興味をお持ちの方は、まずはお電話でご予約ください
042-730-7886
初回無料相談をご案内させていただきます。

 

2.資金の使途をヒアリング(無料)

融資・資金調達をするにあたり、用意できた資金をどのように使うのかを確認させて
いただきます。
使途によって、「借りやすさ」が変動します。


 

3.条件面のヒアリング(無料)

お客様の資産状況、信用保証協会での履歴、信用情報、残高情報をお伺いします。

 

4.財務内容のヒアリング(無料)

決算書、試算表、キャッシュフローを確認させていただきます。
黒字、赤字にかかわらずご相談ください。


 

5.事業内容のヒアリング(無料)

一般的な事業内容も確認しますが、大事なポイントとして「利益が出る事業をされているか?」
「経常収支が立っているか?」などの点を確認させていただきます。
ここまでのご相談は無料でお伺いさせていただき、融資の可能性の診断を判定させて
いただきます。
おおよその融資の可能性をお伝えさせていただいた上で、融資・資金調達サポートを
ご依頼いただける際は、具体的な融資サービスを開始致します。

 

ご契約書・依頼書の作成

 

6.事業計画書の作成(当社主導でサポート)

決算書、今期業績予測、次年度予測、融資額を盛り込んだ今後のキャッシュフロー計算書、
融資が必要であることを金融機関に伝えるためのビジネスモデルの解説資料を記載した
事業計画書を作成いたします。
ここで作成した事業計画書を元に金融機関への打診を進めるため、重要な資料となります。

 

7.金融機関への打診(当社で代行)

当事務所のコンサルタントが、作成した事業計画書を元に金融機関に対して融資可能性を
確認していきます。


 

8.補足資料の作成(当社で作成代行)

融資可能性のある金融機関が見つかったら、その金融機関と打ち合わせを行い、必要な
補足資料を作成し、融資成功に向けた手続きを進めます。

 

9.社長面談・金融機関審査(お客様と共同)

ある程度金融機関との打ち合わせが完了したら、直接お客様と金融機関の担当者との
面談機会をセッティング
します。
そこでの面談後、金融機関の審査を経て、融資が最終決定します。

 

10.融資の実行

金融機関の審査の結果決定された融資が実行されたら、融資完了です。
初めのヒアリングから融資実行まで、お客様がほとんど動くことなく融資の実行までの
サポートが可能です!
まずはご相談ください。


 

融資・資金調達サポート費用

融資・資金調達サポートは、着手金+成功報酬でサポートさせていただいております。
 

着手金 成功報酬
10万円(税抜) 融資額の1%(税抜)


成功報酬は他社と比較しても費用を抑えたプランとなっております。
融資を失敗したくない!という方は、ぜひご相談ください。

 



お問い合わせはこちらから

ImgTop2_4.jpg

Copyright (C) 株式会社 ビジネス・デザイン All Rights Reserved.